Voice

お子様の将来を見据えた発達支援のあり方を追求します

お子様の成長と保護者様の思いをお支えします

医療の現場で培った14年の経験と実績を活かし、様々な障がいや疾病、発達の遅れにお悩みの皆様に真摯に寄り添っております。時代と共に医療は進歩し、あらゆる症状を治療する方法が開発されてきています。しかし、それでも医療は万能ではなく、お子様ご自身や保護者様が一人ひとりの発達と向き合っていく必要がございます。私たちは身体的、知的発達に関する知識と療育における高度な専門性を以って、お子様の健やかな成長と保護者様の余裕を持てる育児をサポートしております。思いやお悩みを共有し、共に笑顔の毎日を目指しませんか。

保護者様の声

30代女性 保護者の方
2021/06/14

奥田先生、こんばんは!
本日は本当にありがとうございました!!
息子の現状をあんなに素早く見抜いたうえで詳しく説明していただき、もう感動しっぱなしでした!
気になることも全て答えてくださり、こんなに丁寧な先生に出会ったことは今までありません。
姿勢も良くなると言って頂けて、親としてとても嬉しかったです。

大学病院や総合病院のNICU、小児科で経験を重ねてきた理学療法士として、発達に遅れのあるお子様や悩んでいる保護者様の救いとなる支援サービスを追求しております。小児医療の現場では、早く小さく生まれてきた子どもたちとも多く出会います。医師や看護師と共に早期から発達を促しますが、それでも成長してから運動発達の遅れや落ち着きのなさ、コミュニケーションの未熟さなどが目立つということを多く経験してまいりました。

NICUからの退院は子どもたちや保護者様にとって喜ばしい新たなスタートですが、病院スタッフは身近で支援できなくなってしまいます。私はそうしたもどかしい思いを解消すべく、病院を離れて児童福祉の世界に飛び込みました。これから増加が予想される哺乳不良や運動・知的発達遅滞、自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障がいなどのお子様と向き合い、豊かな経験を積める健やかな成長を全力サポートいたします。